膝 サポーター

ひざの筋力が低下すると筋肉のバランスがくずれ、体重が一部の筋肉に偏ってしまいます。

結果、ひざの血行が悪くなり筋肉のコリやハリが出て、関節も硬くなり痛みもでてきます。

気になる不調の入り口はひざのコリや冷えの放置が原因です。

ひざ周りの筋肉のコリや血行不良の放置は、膝痛の原因にもなります。

サポーターを使っていれば安心と思う方もいるかもしれません。

でも、サポーターに頼りすぎているとひざ周りの筋肉が使われずにますます足腰の筋肉が弱まってしまいます。

また、姿勢や歩行も乱れてきます。

姿勢が悪いと、緊張が一部の筋肉や関節にいっそう集まり、バランスを崩したまま安定しようとするため、さらに姿勢が悪くなってしまいます。

そのため、日頃からひざ周りの筋肉や骨格のコリをほぐして、血行を良くしておくことが膝痛の予防には欠かせません。

そのために開発された商品が、寝ている間に適度な加圧と保温、医療磁石で膝痛を芯からほぐす夜用ひざサポーターがメディカルマグネッカーDXひざ用なのです。